2013年07月26日

第2回国際SFシンポジウム名古屋大会、開催される

SF国際シンポジウム2013/07/25(木)日本SF作家クラブ結成50周年を記念して、国際SFシンポジウムが、名古屋・椙山女学院大学星ヶ丘キャンバスにて開催。海外からの人気作家が登壇し、小説の構成やアジア圏におけるSF小説の展望について約3時間の講演がされました。

午後3時より始まったこのシンポジウム、巽孝之氏(第2回国際SFシンポジウム実行委員長)による開催宣言では、1970年大阪万博時代に触れられ、当時の話題として、アポロ(宇宙開発)と核ミサイルの対局した中での日本の高度経済発展文明の転換期と比べ、技術の発展の中でのSF(サイエンスフィクション)小説の自由な思考と発想からスタート。21世紀を迎えた現在、当時語られた木星までの宇宙旅行(映画2001年宇宙の旅)すら、まだ実現されていない。現在は環境問題について向かい合っていることが述べられました。
9.11テロ・3.11大震災/原発事故と圧倒的な現実の中、'70年代の海外に展開する日本作家は、星新一・安倍公房が大悲用されるが、近年クールジャパン政策による日本SFは、古典から最新作まで翻訳され、グローバルな展開を見せている。その中で今年日本SF作家クラブは、結成50周年を迎え、先日行われた日本SF大会に続き、ここ名古屋でも記念国際シンポジウムの開催を宣言。
 作家クラブが結成されたばかりの希望に満ちた1970年代と比較して、21世紀を迎えた今日の想像を絶する現実と環境問題にどう向かい合うかについて述べられました。

【第1部「SFとジェンダー、少女vs.女」(通訳付)】
  出演  パット・マーフィー(作家・米) パオロ・バチカルビ(作家・米)
  司会 長澤唯史 (SF研究・日)
  コメンテーター: 片桐翔造(名古屋大学大学院/SF研究・日)

第1部では、米国人気作家パット・マーフィーさんによる人間の脳の判断・思い込みの中での作品構成の取り組みについて講演、最初にクイズが出題され、登場人物ば誰かと問いかけられる中で、視覚錯覚や経験による脳の思い込みについて、作家はどう取り組んでいるか、また作品の中でどう反映させるかという命題に対して解説されました。女性作家として、女性が主人公として活躍する作品が少なかった当時と女性が実際に活躍する現在、性別の刷り込みによる想像がつかない登場人物を作中に反映させるむずかしさ、またスタートレックの作中に女性クルーが登場したことによって、NASAの女性職員や女性宇宙飛行士の登場に繋がるSF作品の影響力について言及。
 続く、パオロ・バチカルビ氏からは、自作品の主人公を男性から女性に置き換えた時の描写の違いについての解説。男性のの立場から、小説作中の描写の中で、「男性は何をしているのか」「女性はどう見えるのか」という違いに気が付いた時の驚きを語りました。経験した中で、これまで見たものを無意識に描こうとする中で、今までにない表現・登場人物の難しさも・・・。
質疑応答の中では、日本のミステリー作品の中で、作中トリックにこういう思い込みを利用した作品と比較する議論もなされました。

【第2部「アジアSF:その可能性」(通訳付)】
出演:呉岩(作家・中)
   ドゥニ・タヤンディエー(日本文学研究/SF評論・仏)
   立原透耶(作家・日) YOUCHAN(イラストレーター・日)
  司会:渡辺英樹(SF研究/評論・日)
第2部の最初に登壇した作家 呉岩(ウー・ヤン)氏からは、中国SF界に与えた日本の影響について、言及。ジュールベルヌに対評される戦前の西洋SFは、日本語を経て、中国語に翻訳されたことや魯迅による積極的な翻訳・作品紹介がなされてきたこと。マルクス・レーニン主義の中でSF作品は、空想ではなく、科学的なものとして取り扱われる中で、間接的な体制批判として一時途切れた時代もあったが、改めて人気を集め始めているなど、文化事情について講演がありました。作家・立原透耶さんからは、中国・台湾の作品紹介や、日本作品がどのような形で、アジア・中国圏に紹介されているか また、アジア作品が日本語になかなか翻訳されないことについても触れられました。
フランスから、日本国内でSF作品の研究をするドゥニ・タヤンディエー氏からは、1970年代・日本のアニメ作品グレンダイザーをきっかけに日本文化に興味を持ったことについて、熱く語られました。日本と同様、1990年に仏国内での日本アニメマンガ作品が流通しなくなったことをきっかけに、当時の作品で育った人々が、改めて日本作品の紹介や流通に立ち上がったことにも言及。日本のアニメ漫画文化の研究の為、日本に留学する人々が増える中、自分は日本のSF小説について研究に取り組み、大学での教鞭をとっていることも紹介されました。最後にイラストレーターYOUCHANさんによる、アジアでの自作品の展開。インターネットを通じて、台湾での絵本デビュー・国内でのSF雑誌やSF大会でのデザインの活動の中、ネットを通じた文化交流やクリエーターの活動の現実についての講演の中、Facebookをきっかけに、改めて海外の旧友との親交を深めたことや、無国籍なデザインを手掛ける中で、自国の特色あるデザインに意識してどう取り組むかということにも触れられました。
こちらのパネルディスカッションでは、呉岩さんに質問が集中。文化大革命当時のSF作品の取り扱いについて、みなさん興味深々。小松左京氏の代表作「日本沈没」が文化比較で中国に愛読されていることも紹介されました。
 直接呉氏とは、ちょっとだけお話を伺うことが出来ましたが、やはり3.11を始めとした想像を絶する現実の中、SF作品が今後どう取り組まれていくかという重い現実も ただ、メディアとしてこれから中国を担う若い世代に対して夢を与える作家活動ではないかという問いに、まさにその通りとうれしそうに握手に応じていただけました。
 空想科学小説と呼ばれるSF小説活動、近未来に実現しそうな題材を作中に取り扱う中で、今後も閉塞した時代を打破して、明るい未来に繋がる1つのきっかけになることを願って止みません。戦前の作品が与えた影響は、21世紀を迎えた現在、実際に現実して実現したもの、まだ手の届かないものいろいろありますが、まだまだ人間の空想は尽きることが無いと強く感じる次第です。【了】

【関連情報】
日本SF作家クラブ
-同第2回国際シンポジウム(開催予定
-(2013/07/27(土)開催)
 第2回 国際SFシンポジウム 【東京大会

【自サイト関連】
・2012/08/08記事
【WCS2012】国際シンポジウム「エンタテイメントとしての聖地巡礼とコスプレ」

トラックバックURL

【キーワード】

名古屋の歴史/武将観光
ポイントアフィリエイト

戦国武将隊関連記事
愛知県戦国武将観光情報
名古屋おもてなし武将隊
同・地元愛プロジェクト
 同・出陣予定表
名古屋おもてなし武将隊

【支援自販機・設置場所募集中】




かかれ!名東 鬼柴田隊
岡崎・グレート家康公
-葵武将隊活躍中!


岐阜城盛り上げ隊
岐阜城盛り上げ隊

刈谷城築城盛上げ隊
あいち戦国姫隊
あいち戦国姫隊

信州上田おもてなし武将隊
信州上田おもてなし武将隊

名古屋おみやげパーク
おみやげパーク

愛知忍者連盟
犬山忍術道場
伊賀忍者博物館
忍者ドラゴン・ジョー
疾風の刃
神桜舞-shinobi-
第六天魔王子・織田信忠

戦国グッズ・TWT-Japan

戦国ショップ時人

【彦根・夢京橋あかり館】
 石田三成特別展
 「MITSUNARI11」
MITSUNARI 11

関ケ原観光
関ケ原笹尾山交流館

【山梨・甲斐の虎武将隊
甲斐の虎武将隊バナー角.png

京都龍馬会
おもてなし武将隊Japan
おもてなし武将隊Japanブログ

自サイト・武将隊レポ
武将隊一覧情報(暫定)

長久手歴史トラベラーズ隊
関ケ原東西武将隊(跡地)
清洲城武将隊桜華組
<格安旅行情報>
 
 
 

フィギュア新作情報!
フィギュア大百科公開中
萌えよアキバ人Blogバナー
情報リンク
【大須の買い食い情報】
買い食いカテゴリバナー

桜月亭バナー

ステージなな



ra_bn



【ペーパームーンPOP職人】
 ワラワラさん個人HP
FunnyDogバナー


【WCS2013】
世界擬人化大賞
作中聖地巡礼
TVA_WCS
注目の情報・話題
毎日5分・楽しく読む科学
アイラブサイエンス

009725eb724fa60b6237cbee45884930

【原稿の書く漫喫】漫画空間
漫画空間外装

安土町観光協会
旧伊庭家住宅 観覧情報

近江鉄道

滋賀豊郷町小学校旧校舎群
豊郷町観光協会
・豊郷「岡村本家


<バナー>
banner


名古屋・大須電波ニュースバナー


TVA_WCS
アキバジャンク分補給場所
アキバに行くとお世話になって
います。ゲームラボ関係パーツ
の秘密の補給基地
☆激安ページプリンター/
 特価サーバー入荷中!!

it_Banar
大須の新作/レトロゲーム
大須・赤門通(このあたり)
名作中古ゲーム屋さん
  【 MEIKOYA 】
営業時間:10時~20時
名作ゲーム中古屋さん

Archives
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アマゾン・カスタム
アキバ系コレクターズアイテム
 アマゾンカスタムエリア
コレクターズエリア
13/130cmタイトル
『ふりフリ』応援キャンペーン開催中!
 
『ネコっかわいがり!応援中!

〇武寅珈琲・跡地
武寅珈琲バナー